INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

ベッドのサイズと寸法について

更新日:

ベッドと一口に言っても、様々なサイズの商品がいろいろなメーカーから発売されています。
同じシングルでも、実はどれも同じというわけではありません。

ここでは、ベッドのサイズについて説明します。

ベッドの長さ寸法について

ベッドの長さには、幅ほどの種類はありませんが、通常丈がおよそ195cmであるのに対して、長身の人のためのロング丈(約205cm)、逆に、小柄な女性に根強い需要があるショート丈(約185cm)が各社より発売されています。

ベッドの幅寸法について

セミシングル 約80cm 小柄な女性向け
シングル 約90~100cm 大人一人の標準サイズ
セミダブル 約120cm 一人で余裕をもって寝たい人向け
ダブル 約140cm 大人二人で寝るにはちょっと狭い
クイーン 約160cm 大人二人でちょうどいい
キング 約180cm 夫婦+小さい子供の家族向け
ワイドキング 約200~300cm 家族向け

ベッドの幅の種類としては、だいたいこんな感じです。
シングル2つ分でダブル、とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実はそうではありません。

シングル90cmに対してダブルは140cmですので、実際には1.5倍もないことになります。

セミシングル2つ分でクィーンサイズ、シングル2つ分でキングサイズとなります。

セミシングル

だいたい80cmから85cmほどのものが多いです。体格のいい大人には若干狭く感じますが、小柄な女性だと、ちょうどいい大きさであるとも言えます。

幅がセミシングル、長さがショート丈のベッドが女性に人気です。

シングル

およそ90cmから1m未満くらいのサイズがこれに当たります。もっとも標準的なサイズで、マットレスやカバーなどの種類も豊富なので、よほどの事情がなければこのサイズを選ぶのがベターです。

大人一人にちょうどいい幅ですので、たとえ小さなお子さんとでも、このサイズに一緒に寝ると落下の危険があるためおすすめできません。

 

セミダブル

ちょっといいビジネスホテルなどでよく見かける大きさですね。大人一人で寝るには必要にして十分な大きさです。

このサイズならシングル同様に用品も充実しており、一人であっても、部屋に余裕があるなら選択の価値ありです。

赤ちゃんくらいなら添い寝は可能ですが、それほど余裕はありません。

小柄なカップルや夫婦で寝れなくもないですが、基本的には一人向けのサイズです。

 

ダブル

シングルの約1.5倍程度の大きさですが、寝転んでみると、予想以上に広く感じるサイズです。

お子さんとの添い寝には最適なサイズと言えるでしょう。

カップルや夫婦で寝ることも不可能ではないサイズですが、体格によっては窮屈に感じるかも知れません。

また、このあたりから、カバー類などの種類が減り始めるので、気に入った柄などを見つけるのも大変です。

 

クィーン

幅約160~180cmくらいの大きさで、セミシングルのきっちり倍のサイズですので、よほど大柄でなければ、大人二人で寝られる大きさです。

大きすぎることもなく、カップルや夫婦には最適な大きさと言えるでしょう。ただし、結構な大きさになるので、広くない部屋に置いてしまうと、他に何も配置できなくなってしまいますので注意が必要です。

 

キング

幅約2mと、名前の通りかなりの大きさのベッドです。大人二人でもかなり余裕があり、夫婦とお子さんで寝ることを想定した大きさと言えます。

ただし、欧米等と違って狭小住宅が多い日本では、残念ながら使っている方が多いとは言えません。

ここまで来ると、カバーなどの種類がかなり少なくなる上、面積が大きくなるため、洗うのも一苦労となってしまいます。

しかし、この広さは他に代えがたいものがあり、愛好者も多いです。

ワイドキング

明確なサイズとして定義された大きさではありませんが、ベッドを連結することで、このようなサイズで呼んでいるものもあります。セミダブル以上のクラスを複数台つなげることができるものがこれに該当します。

「連結ベッド」「ジョイントベッド」と呼ばれることもあります。

まとめ

一人ならシングルかセミダブル、二人ならできればクィーン、という大まかな目安にはなりますが、何といっても置く予定の部屋と、ベッド自体の正確な寸法を知るのがスタートとなります。
例えば、「クィーン」と一口に言っても、メーカーによってだいたい160cmのものから180cm近いものまであり、ちゃんと測らないと予想以上に部屋を圧迫する可能性もあります。

また、幅だけでなく、長さにも注目すると、より良い選択ができます。
小柄な方なら、ショート丈にすることで部屋を若干でも広く使えますし、逆に背の高い人は、足先がベッドのへりに当たるだけでも気になりますので、ロング丈が必要になる場合もあります。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.