INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

普通のベッドでは足が出てしまう長身な方にはロングベッドがおすすめ!

更新日:

日本人の平均身長は昔に比べて飛躍的に伸びており、最近はとても長身の女性なんかもよく見かけます。

通常のベッドのサイズは寝台面の長さが195cmですが、これはだいたい170cmくらいを想定している長さです。
身長と寝台面の長さの差が15cmを下回ると、寝方によっては足先がベッドの端から出てしまうことも出てきてしまいます。

そういう方のためにロングベッドがあるわけですが、ここでは、ロングベッドのメリット・デメリットについて見て行こうと思います。

ロングベッドとは

最近は、身長が180cm、185cmを超える方も割と多いのですが、そういった方にとっては通常のベッドでは、頭がつかえるか、足先がベッドから出てしまいます。

そういう方のために、寝台面が206cm、210cmほどもあるベッドが販売されています。

人間の身長比で15cmは結構大きく、通常のベッドでは寝苦しかった方も、ゆったり休むことができます。

→ロングベッドの製品一覧

ロングベッドのメリット

ゆったり寝られる

人間の身体というのは結構敏感で、足先がベッドのへりにかかってしまうと、ちょっとした動きのときに下に当たらなかった不安感や、脚に毛布をかけたはずなのに下から風が入る感覚が結構きになってしまうものです。

睡眠時のリラックスの度合いは、脚を思うように伸ばせることで飛躍的に高まります。

やはりベッドは身体にあった大きさのものでないと、ゆっくり休みにくいものなのです。

収納容積が大きくなる

せっかくベッドが大きいのですから、それを収納スペースに生かすのは合理的と言えます。

メーカーとしてもそのあたりは考えており、ロングベッドには、収納タイプのものが結構多くラインナップされています。

ロングベッドのデメリット

部屋の空間を圧迫する

これは、ショートベッドのメリットと真逆で、通常サイズのベッドよりも15~20cmも大きいのですから、当然部屋の空間がその分狭くなってしまいます。

ロングベッドを導入する際は、部屋の寸法をきちんと把握しておかないと、買ったはいいけど予定していた場所に置けなかった、なんてこともあり得ます。

注文住宅でもない限り、部屋の間取りもだいたいは「普通のサイズ」を想定して作るもの。多少とはいえ普通ではない大きさのものを入れようという場合には注意が必要です。

種類が少なく、選択の幅がない

ロングベッドは確実に少数派なので、品揃えが豊富とは言えず、通常サイズのベッドのように、よりどりみどりというわけにはいきません。

かなり選択肢は絞られてしまうので、気に入った一品を見つけるのは結構大変かもしれません。

しかし、男性向けに特化して、モダンな雰囲気を重視したものやスタイリッシュなものも多くあるので、男性ではあまり問題はないと思いますが、女性向けのロングベッドはまず見かけないので、そういう場合は、無難なデザインのもので妥協するしかないかも知れません。

また、ベッド本体よりもマットレスやカバーのほうが問題で、ただでさえ品数が少ないのに、ショートベッドのように通常サイズのものを使いまわすこともできません。

多少長いのは問題になりませんが、短か過ぎるのは問題です。

まとめ

足先がベッドのへりにかからないことは、思いのほか重要です。
厚手のマットレスを敷いているベッドの場合、通常サイズのものであっても、マットレスを少し足先側にはみ出るように置くことで足先が出ないようにできる場合もありますが、何しろ見栄えが悪いのでおすすめはできません。

毎日の休息は、生きていく上で欠かせないもの。身体に合ったものを使いたいですね。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.