INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

2人で寝るのに適したベッドのサイズはどう決める?

更新日:

ひとつのベッドに2人で寝るシチュエーションというのは、意外にあるものです。
大きく分けると、

・同棲
・夫婦
・幼い子供の添い寝
・小学校低学年程度の子供の添い寝

といったところでしょうか。
それぞれのケースについて見ていきたいと思います。

同棲

同棲のカップルの場合は、傾向としては、部屋が広くないことが多いのではないでしょうか。
ですので、2人用ながらやや小さめなものがいいでしょう。

とはいえ、寝苦しいのでは意味がありません。
普通の体格の大人が二人寝るとなると、実際問題の最低ラインはダブルベッド(幅約140センチ)となります。

現実的にはこの辺りが妥当な選択となるでしょう。
もう一クラス小さいセミダブルベッド(幅約120センチ)は、実質的には余裕のある一人用と考えたほうがよく、二人ともがよほどの小柄でない限りは、2人で寝るのはかなり窮屈です。

セミダブルベッドをぱっと見て、「これくらいあれば大丈夫」と思っても、睡眠は人の意識の外で行うもの。
寝ぐせ、寝返りなどのクセは、直せと言われて直せるものではありません。
そういった意味でも、若干の余裕は必要です。

もちろん、大きい分には問題はありませんので、状況が許せばクイーンサイズやキングサイズを選んでもいいですが、それは「同棲」ではなく、「家庭」という形を取ってからでいいと思います。

→ダブルベッドの製品一覧

夫婦

結婚して夫婦になったからといって、すぐに身体のサイズが変わるわけではありませんので、やはり選択の最低ラインはダブルベッドです。

なんといっても睡眠は生活の礎。ベッドのことで睡眠がきちんと取れないなどということがあっては、長期的に体調を崩してしまいます。

また、毎日の生活リズムも、生活環境やお互いの仕事などによって変わるでしょう。互いにベッドに入る時間が違ったり、場合によっては幸せ太り?で体格が変わってしまうこともあり得ます。
そういったことも考え合わせると、ダブルベッドでは長期的には足りないと感じる可能性が高いです。

もちろん、ベッドを置く部屋の広さなども考えなければいけませんが、やはりクイーンサイズ(約160センチ)かキングサイズ(約180センチ)がよりベターな選択肢であると言えます。

これにはいくつか理由あり、クイーンサイズならセミシングル2つ分、キングサイズならシングル2つ分であるため、2人でいても、1人分の必要幅が確保できています。
ダブルベッドとクイーンベッドでは20センチしか違わないように思いますが、ベッドサイズでの20センチは、思った以に体感差があります。キングサイズならなおさらです。

もうひとつの大きな理由は、クイーンサイズやキングサイズが1人用サイズの倍であるため、マットレスが2枚に分かれるというところにあります。

ダブルベッドくらいまでのサイズだと、幅いっぱいの1枚のマットレスなため、片方が寝ているときにもう一人が入ってくると、揺れや沈み込みなどがストレートに伝わって目を覚ましてしまうことがあります。
しかし、マットレスが2枚に分かれていると、そういった影響が半分より向こうに伝わりにくいため、相手の睡眠を邪魔することが少なくて済みます。

逆に、ベッドの真ん中に溝ができるのが嫌だ、という場合もあるかも知れませんが、そういう場合は、全体を1枚のシーツで覆うことで、その問題をある程度は軽減できます。

→クイーンベッドの製品一覧

幼い子供の添い寝

乳幼児と添い寝する場合は、幅でいえばセミダブルサイズ(約120センチ)くらいあれば十分です。
子供の体が必要とする幅がそもそも小さいですし、適度に近くにいてほしいので、変に大きいよりは、ほどほどの大きさのほうがしっくりくるでしょう。

この場合にむしろ問題になるのは高さです。ベッドからの落下だけは絶対に防がなけばいけないのですが、万が一のことを考えると、寝台面が低いフロアベッドが安心です。
高さが約15センチくらいなら、もし転げ落ちるようなことがあっても、大怪我を負うことはないでしょう。

そういう低いベッドでない場合は、片側を壁につけることができれば、自分がもう一方の壁となれるので安心です。

小学校低学年程度の子供の添い寝

小学校に上がるくらいの子供になると、もう一人で寝る子供もいるでしょうが、まだまだ親と寝たがる子供も多いです。
このくらいの子供になると、意外に身体が大きく、力もそれなりにあって、寝相が悪いことが多いです。

寝ているときに腹に蹴りが入ったり、顔に頭突きを食らったことのあるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。
そういうことを考えると、やはりダブルサイズ(約140センチ)くらいは欲しいところです。

子供の添い寝をする期間は、トータル的にはそれほど長くもないので、そのために後々に使い道がないかも知れない大きさのベッドを入れるのは、ある意味非効率です。
ダブルサイズくらいまでなら、子供の添い寝が必要なくなった後でも、一人で寝るのにだって使えます。

逆に、子供がそれくらいのうちなら、家族みんなで眠れるベッドにするのもアリかもしれません。
その場合は、ベッド単体での大きさで考えず、連結ベッドにするほうがおすすめです。
普通のサイズのベッドをつなげて使うため、子供が複数人数いてもみんなで寝ることができ、また子供が一人で寝るような歳になれば分離も可能なので、買い換えとかをすることなく家族の状況の変化に対応できます。

まとめ

乳児の添い寝でもない限りは、二人で寝るなら最低ラインはダブルベッドとなるでしょう。
大人二人なら、クイーンサイズかキングサイズなら、より快適に眠れます。
それ以上の人数で寝るのであれば、割り切って連結ベッドがおすすめとなります。

何といっても、良質な睡眠は活力の源です。より良い睡眠は、生活の質を高めます。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-, ,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.