INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

マットレスの種類と、その違いとは?

更新日:

ベッド製品を見ていると、マットレスにいくつかの種類があることに気付きます。
主なものとしては、大きく以下の3つに分類できます。

・ボンネルコイルマットレス
・ポケットコイルマットレス
・ノンコイルマットレス

ベッドを選ぶ際、マットレスのタイプ、構造を気にせずに値段だけで選んだりしていませんか?
マットレスは、そのスプリングの構造によって、その感触が大きく異なります。
また、マットレスの硬さも製品によって千差万別で、本当に身体に合ったものを選ぶのはなかなか難しいです。
ここでは、それぞれの特徴について説明していきます。

マットレスの種類について

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルとは、螺旋状のバネを連結し、全面を覆う構造となっているものを指します。
そのため、人の体重を「面」で支える性質を有しています。

寝心地としては概ね硬めになる傾向があり、弾力があります。

ベッドと言うよりは柔らかい畳のような感じになり、バネが面としてつながっているため、2人、もしくはそれ以上で寝る場合に、他の人の動きによる振動がダイレクトに全体に伝わります。
子供が飛び跳ねると、面全体が引っ張られるように揺れます。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルとは、コイルスプリングがひとつひとつ独立した状態で袋(ポケット)に入った状態で並べて敷き詰められた構造のものを指します。
それぞれがつながらず、ひとつひとつが単独で重量を支えるため、「点」で重量を支えていると言えます。

寝心地としては、概ね柔らかめになる傾向があります。
身体を横たえると、身体の凹凸に合わせて沈み込むため、質のいいものだと、横向きに寝ても身体がまっすぐになり、腰や背骨の負荷を適度に分散して理想的な寝姿勢を保ってくれます。

また、「点」で重量を支える性質上、他の人が同じベッドに寝ていてもその動が伝わりにくく、夜中に動いても、隣で寝ている人を起こす心配がありません。
子供が飛び跳ねても、その場だけが沈み込み、全体的にはあまり揺れません。

ノンコイルマットレス

その名の通り、コイル(スプリング)を使っていないタイプのマットレスです。
スプリングの代わりに、代表的なものとして低反発ウレタン、ラテックス、水(ウォーターベッド)、空気(エアーベッド)などが使われます。

寝心地や特徴は、中に入っている素材によって大きく変わります。
ウォーターベッドのように、柔らかさだけでなく、熱の分散に重点を置いたものもあります。

スプリングではないため、素材によっては非常に薄くでき、厚みのあるマットレスが使えない場所(二段ベッドの上段など)にも使用できます。
また、金属製のスプリングが無いため比較的リサイクルがしやすく、環境に優しいという側面もあります。

マットレスの硬さについて

マットレスの構造は上記のように分類できますが、その人の睡眠スタイルによって、適した「硬さ」は違ってきます。
硬さは大まかに以下のように分類されます。
・普通
・硬め
・柔らかめ

普通

主に仰向けに寝る人に最も適した硬さです。
首や腰周りなど、全く沈まなかったり、逆に沈み込みすぎたりすると不調の原因になるようなところを適度に支えてくれます。

硬め

うつぶせに寝ることが多い方には、硬めのマットレスがおすすめです。
柔らかいマットレスでうつぶせに寝ると、腰や首が反り返るような格好になってしまい熟睡できないことがありますが、硬めのマットレスだと安定します。

また、大柄ながっしり体形のような体重の重い方にも硬めのマットレスがおすすめです。
柔らかいと、不必要に沈んでしまい、かえって寝にくくなります。

柔らかめ

横向きに寝ることが多い方には、柔らかめのマットレスがおすすめです。
横向きに寝ると、首、肩、腰の高低差が大きくなって、部分的に大きな負担がかかります。
そのため、沈むところは沈んでくれる柔らかいマットレスで、身体への負担が驚くほどに激減します。

とはいえ、ただ柔らかければいいというものではなく、適度な弾力は必要です。
寝返りをうつときに、柔らかすぎて腰が落ちてしまい、向きを変えにくいようなものは、身体にあったものとは言えません。

まとめ

人が立っているときの姿勢と同様の姿勢を就寝中も保てるのが理想ですが、なかなかそうはいきません。
マットレスが硬すぎると、身体の凹凸に沿ってマットレスが沈まないため、出っ張っている部分に体重がかかって「うっ血」状態となり、眠りが浅くなってしまいます。
逆に柔らかすぎると、腰が下がってしまい、腰痛の原因となってしまいます。
そういったことにならないように、自分の就寝スタイルからマットレスを選ぶことが重要になってきます。
ひとつのポイントは、「いかに少ない負担で寝返りがうてるか」。・・・とはいえ、マットレスの寝心地を試せる機会はなかなかありません。

自分がいつもどうやって寝ているか、寝返りに負担を感じていないか・・そういったことからマットレス選びは始まります。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.