INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

白いベッドにはいろいろなメリットが!白いベッドをおすすめする理由

更新日:

なんとなく、「ベッドは白いのがいいな・・・」とお思いではないでしょうか。

一口にベッドと言っても、相当な数の商品が世に出ていますが、そのほとんどが「白」をラインナップに加えており、また、それを選ぶ方もまた多い、人気のカラーです。

もちろん、それは理由があってのことなのです。

今回は、そんな白いベッドのメリットについて見ていきたいと思います。

白いベッドのメリットはこんな点

部屋が明るく、清潔感のある感じになる

ベッドは、何といっても家具の中でも最も大きいもののひとつ。

そのベッドのカラーリングは、否応なしに、部屋のぱっと入ったときの印象に大きな影響を与えます。

黒ければ、シックな引き締まった感じに、ブラウン系は、やさしい自然な感じに、そして、白は、とにかく明るい、清潔な印象を与えてくれる色です。

何といっても光と同系統の色でもあり、太陽光や照明の光をよく反射するので、相乗効果的に部屋が明るく感じられます。

ほかの色の家具とも合わせやすい

白は、黒やブラウン系よりも、他の色と合わせやすいのも特徴です。

黒ならば、同じ黒系か寒冷色は合いますが、パステルカラーとは合いませんし、ブラウン系は、同系色か白系、暖色系はよく合いますが、寒冷色とは合いません。

白は、他のどんな色とも合わせられる、ある意味希少な色であると言えます。

例えば、壁が白、タンスが木目のブラウン、カーペットがグラスグリーン、という場合、ここに黒のベッドを置くのは難しいですが、白かブラウン系なら問題ありません。

また、壁が白、周囲の家具が黒、カーペットがグレー系の場合、黒はいいとして、ブラウン系のベッドはうまくない感じになりますが、これも白なら問題ありません。

また、めったにないですが、壁がパステルカラー調である場合は、ベッドはほぼ白一択となるのではないでしょうか。

圧迫感を感じないため、部屋が広く感じられる

部屋のカラーリングで言うと、まずほとんどの場合、壁は白か、それに準じた色であることがほとんどです。

最近では、気密性の高いマンションなどでは、壁と天井がシームレスにつながっていて、そのまま白い場合が増えています。

そういうところに白いベッドを置くと、部屋全体と同化して、それほど大きさを感じさせない効果があります。

そのため、他の色のベッドに比べて、部屋全体がなんとなく広く感じられるのです。

高さのある収納ベッドでも、部屋のイメージを損ねない

ローベッドのような低いベッドだと、実際に空間としては広くなるので、色によらず部屋が広く感じますが、白いベッドの場合は、先に出たように部屋全体と同化するため、ベッド自体が大きくてもそれほど圧迫感を感じません。

そのため、白いベッドにするのであれば、収納ベッドを選ぶのは有効な選択肢となります。

収納ベッドは、ベッドフレーム自体の高さが他の種類に比べて高くなるのでどうしても圧迫感が出てしまうものですが、白い収納ベッドは、圧迫感をあまり感じさせないのに、多くの収納スペースを得ることができます。

最近のアパートやマンションの部屋は、昔に比べて収納が減ってきており、ベッド下のような、いろいろな物がしまえる収納スペースは大変役に立ちます。

おすすめの「白いベッド」

コリエ


→コリエ

ショートでコンパクトなフレームサイズを持つ収納ベッドです。

写真を見ていただくとわかる通り、本当に部屋への圧迫感を感じさせないものに仕上がっています。

それでいて、幅広の引き出しを2つも内蔵しており、衣類や小物を相当量収納できるようになっています。

サイズやデザインを見ると分かるように、完全に女性向けの製品です。

エマーブル


→エマーブル

跳ね上げ式収納ベッドで、こちらも基本的には女性向けの製品です。

写真ではやや大柄に見えますが、実物は意外にコンパクトです。

高さ、幅、長さのすべてを複数の選択肢から選ぶことができますが、カラーは白だけです。

跳ね上げ式なので、やや上背はあるものの、側面からの出し入れを考えなくていいので、ベッドカバーなどでふんわり覆ってしまっても大丈夫です。

開閉はガスシリンダーによるアシストが入るので、上に布団等を乗せたままでも楽に行えます。

センペール


→センペール

シンプルな構造で安価ながら、かなりの収納量を誇る、引き出し内蔵型の収納ベッドです。

そこそこの大きさがあるのですが、白ならばそれほど圧迫感を感じることはないでしょう。

引き出しのスペースは市販の衣装ケースをそのまま入れるようにもできるので、見た目さえ気にしなければ、今あるケースをムダなく収納することも可能(寸法に制限あり)です。

また、600キロの荷重に耐える頑丈設計のベッドでもあるので、体重がかなりあるという方でも安心して使えます。

まとめ

いかがでしょうか。写真を見ると、白いベッドが部屋に圧迫感を与えない、というのもお分かりいただけるのではないでしょうか。

黒を基調としたシックなイメージや、木目のブラウンの落ち着いた感じにもそれぞれの良さがありますので、一概に何がいいかということではありませんが、どんな部屋にするかの参考になれば幸いです。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.