INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

一人暮らしにはセミダブルのベッドが最適!おすすめのベッド3選

更新日:

一人暮らしを始めるのにあたって、どんなサイズのベッドがいいかお悩みではないでしょうか?

まあ、普通に考えると、いわゆる「標準」であるシングルサイズを選ぶのが常道なのですが、敢えて、一つ上の「セミダブル」を選ぶという選択肢もあります。

今回は、一人暮らしにセミダブルをおすすめする理由について見ていきたいと思います。

セミダブルサイズとは?

セミダブルベッドは、幅がおおよそ120cmあり、二人で寝るにはちょっと狭すぎますが、一人で寝る場合においては必要にして十分なサイズ感を持つベッドです。

セミダブルは、基本的には一人用と思ってもらって差し支えありませんが、小さなお子さんの添い寝くらいなら可能です。

→ベッドのサイズと寸法について

一人暮らしにセミダブルを選ぶメリット

とてもゆったりと寝ることができる

ベッドの幅を決めるときの大まかな目安としては、一人用ならば肩幅プラス30cmと言われています。二人用であれば二人の肩幅プラス50cmだそうです。

日本人の平均肩幅が、年代によってばらつきはあるもののだいたい男性が約45cm、女性が約40cmなので、一人で寝るには75cmあればいい、と思われるかも知れません。

しかし、それは、身じろぎもせず寝た場合のこと。

寝返りをうったり、手足を伸ばしたりしたとき、ベッドの端に触れてしまうのは、人にもよりますが、結構なストレスとなります。

セミダブルはシングルよりも30cmほど幅広ですが、寝返りの際、手足をちょっと余分に動かしたときに、その余裕の大きさを感じるはずです。

この、ちょっとしたことのように思われる差が、長期的には睡眠の質と満足感を高めることにつながります。

出張によく行かれる方はご存知でしょうが、最近のビジネスホテルでも、一人部屋にセミダブル、場合によってはダブルベッドを入れているところがとても多いです。

そのことからも、大き目のベッドサイズがいかにリラックスに効果があるかが分かります。

一人暮らしにダブルベッドはオーバースペックですが、セミダブルくらいだと、必要以上に部屋を圧迫もせず、しかもゆったりと寝ることができるのです。

収納として使った場合の容積が格段に増える

ベッドは、ただ寝るだけの場所ということでもなく、ベッド下スペースを収納空間として使うケースが非常に多くなっており、また、家具としてのベッドにそういう機能を持たせたベッドがとてもたくさんあります。

ベッド下の空間の大きさは、ベッドフレームの外形寸法、高さ、収納機能で決まります。

部屋の収納スペースは限られており、何でもしまえるわけではありません。

一定以上の大きさのものは入らないこともありますが、ベッド下であれば、その中に入る大きさのものなら入れてしまうことが可能です。

セミダブルサイズは、シングルサイズに比べて幅が30cmも大きいので、当然、その分ベッド下の収納スペースも広くなります。

一人暮らしにとっては、大きな助けとなるでしょう。

セミダブルをおすすめしないのはこんな場合

セミダブルは使い勝手のいいサイズですが、以下の条件にあてはまる方にはおすすめしません。

こういった方には、もっと別のサイズが適していると思われますので、それについても見ていきます。

とても小柄な方

とても小柄な方、主に小柄な女性の場合は、よほど寝相が悪いという場合を除いては、セミダブルほどのサイズは必要ないことが多いです。

そういう方にとっては、セミダブル(幅120cm)は部屋の面積を取るだけになってしまいますので、シングル(幅90cm)か、いっそ省スペースに重きを置いて、セミシングル(幅80cm)+ショート寸のほうが、トータル的なメリットは大きいかも知れません。

→セミシングルは使えるサイズ?ベッドとしての使い勝手を考える

ただし、それだと「ゆったり寝る」ということにはならなさそうですので、ベッドに余裕のある広さを求める場合は、セミダブルも十分に検討の価値ありです。

二人で過ごすことの多い(同棲している)方

セミダブルは、二人で寝るには明らかに狭いです。

セミダブルに二人で寝ることも不可能ではありませんが、お互いに窮屈に感じることがほぼ確実なので、それを前提にするのであれば、ダブルベッド(幅140cm)のほうがおすすめです。

しかし、実際に毎日二人で寝る場合、ダブルベッドでもまだちょっと狭い、という声を聞くことが多く、生活の一部として二人で使うのであれば、クイーンサイズのほうが確実です。

とはいえ、今回は一人暮らしを前提としており、「ときどき」二人で使うのにクイーンベッドはこれまたオーバースペックと言えるでしょう。

ただし、結婚が確実視される場合は、後でクイーンに買い替えるくらいなら、先行投資的にクイーンサイズを選んでおくと、ムダが無くていいかも知れませんね。

→2人で寝るのに適したベッドのサイズはどう決める?

住んでいる部屋の形が整形でない、もしくは幅がとても狭い方

最近の部屋の間取りには、柱の形が部屋に入り込んでいることがよくあり、他の家具ならともかく、これがベッドには非常に邪魔になることがあります。

こういう部屋にベッドを置く場合は、まずは寸法をきっちり測って、ぴったり収まるサイズのものを選ぶ必要があります。

また、幅が狭い部屋の場合は、セミダブルのベッドを置くと非常に圧迫された感じになることがあり、これもおすすめできません。

一人暮らしに適している、セミダブルベッド3選

イニティ

深めの引き出しと浅めの引き出しをバランスよく備え、しかも面積の3/5ほどが大物が仕舞えるスペースになっている、優秀な収納ベッドです。

また、引き出しの上をぴったり板が覆っており、ほこりが入りにくい構造となっているのもポイントです。

引き出しにはサイドレールのほか、底板に補強も入っており、ある程度重いものを入れても耐えられる構造になっているなど、収納を重視したベッドとなっています。

ノーモス

ベッドの面積がそのまま収納スペースの面積となる、リフトアップベッドです。

このタイプのベッドは、値段が結構高いのですが、この「ノーモス」は、必要にして十分な機能を備えつつ、比較的安価な価格設定となっています。

また、リフトアップベッドには珍しく、天板がすのこ構造となっており、通気性に配慮がされているため、カビが生えにくいのも特徴となっています。

ヘッドレスタイプであるため、セミダブルの中でも全長がその分短く、他のベッドでは入らない箇所に配置できる可能性が高くなっています。

もちろん、天板の開閉にはガスシリンダー機構が使われているので、寝具が乗ったままでも、女性が片手で開閉できるくらい軽く、扱いは非常に楽です。

エブリーイン

大物を収納できる空間と、小物やら衣類やら何でも入る引き出しを多数備え、さらにヘッドボード付近には、本を多数収納できる専用のスライド棚を備えるという珍しいベッドです。

スライド棚にはキャスターがついており、ベッドから離れて単独で移動させることもできます。

ベッドでくつろぎながら本を読む習慣のある方にとっては、まさにこれ!と言う感じのベッドではないでしょうか。

キャスター棚の反対側は、ヘッドボード側面が棚として使えるようになっており、ベッドを壁につけてしまわない場合は、こちら側も活用できます。

かなりの収納力と、使い勝手の良さを兼ね備えたベッドです。

まとめ

「わざわざセミダブルなんて買わなくても、普通にシングルでいいじゃん。部屋狭くなるし」という声も聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

人生の1/3近くは睡眠時間と言われており、睡眠は非常に大きなウエイトを占めているのです。

また、ゆったり寝ることは、毎日の生活における、より高い疲労回復効果にもつながりますので、むしろ長期的なメリットが大きいと言えます。

そういった意味でも、一人暮らしにセミダブルを選ぶ価値は大いにあるのです。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-, ,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.