INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッドの種類について

収納型ベッドを使う場合のメリット・デメリット

更新日:

部屋の中を見回しても、ベッドより大きな家具というのはなかなかありません。
その大きな体積の用途は「上の面に寝る」ことなのですから、その下にある大きな空間を利用しない手はありません。

収納型ベッドには、大別して
・チェストタイプ
・ボックスタイプ
に分類されます。
まずは、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。

チェストタイプ


チェストとは、大雑把に訳すと「たんす」のことです。
チェストベッドとは、文字通り、ベッドの側面に引出しがついていて、まさにたんすのように衣類などをしまうことができるベッドです。

ボックスタイプ


このタイプは、ベッドフレーム自体が箱のようになっていて、中がそのまま収納スペースとなっています。普通ではしまえないようなものでも入ってしまうので、収納が少ない部屋では絶大な効果を発揮します。
寝台面がそのまま蓋となり、その開け方でもいくつかのタイプに分かれます。

これらのベッドには、それぞれのメリット・デメリットがあります。

メリットとなる点

ムダなく収納スペースを確保できる

唯一にして最大のメリットはこれでしょう。
年に数回しか使わないけど必要でしかもかさばるものを、邪魔にならないようにしまっておくのは至難の業ですが、ベッド下スペースほどこういうものを入れっておくのに適した場所はありません。

シーズンはずれの衣類が多い場合、チェストベッドが威力を発揮します。付いている引出しの数や大きさにもよりますが、かなり入りますし、分類なども容易です。クローゼットでは邪魔になるコートなども、ここなら気になりません。ただし、防湿対策は必須です。

キャンプ道具やゴルフバッグのような、ある程度の大きさがあるようなものは、リフトアップベッドだとそのまま収納できてしまいます。衣類ボックスなんかもだいたいそのまま入るので、特に収納の少ない部屋に住んでいるような場合には、貴重な収納スペースとなるでしょう。

デメリットとなる(注意が必要となる)点

位置が低く、しまえるものに制限がある

ベッドの寝台下を使っている関係上、どうしても出し入れするのにかがまないといけないような低い位置となります。

あまり重いものを置いてしまうと、出し入れの際に、腰を痛めてしまうことにもなりかねません。

出し入れをするときのことを考えて、仕舞うものを決めましょう。

サイズが大きくなりやすい

二段、三段の引き出しを備えたチェストベッドだと、寝台面が高くなる傾向があります。収納が多いことのほうが大事であればいいですが、いざ使い始めると使いにくく思えてくる可能性もあります。

リフトアップベッドにも言えることですが、一定の収納機能を持たせるために全体のサイズが大きくなるため、コンパクトなサイズでは、気に入ったものがなかなか見つからないかも知れません。

ほこりっぽくなりやすい

布団や毛布というのは、とにかくホコリを出しやすいものです。その寝具が乗っているわけですから、ベッド周辺はどうしてもほこりっぽくなります。これは仕方ありません。

ただでさえホコリがたまりやすいのに、そこが引き出しやトランクスペースになっていたら、ホコリが溜まらないほうがおかしいです。

特にチェストベッドは引き出しの奥といった、掃除しにくい箇所が多いので、こまめな掃除は欠かせません。

側面を空けておく必要がある

チェストタイプの場合は、引き出しですから、中身を出し入れするには最低でも30cmほどの引きしろが必要となります。引き出しがある側面を壁につけたり、真横に家具などを置くことができません。広い部屋ならいいですが、意外に配置上の制約となることがありますので、注意が必要です。

ボックスタイプの場合は寝台面が上に開くので側面は気にしなくていいかというとそうでもなく、中に入れたものを出し入れするときの足場となる場所はちゃんと考えておかないと、開閉向きによっては、予想外に物の出し入れが難しくなるおそれがあります。

まとめ

書き出してみるとデメリットばかりがたくさんあるように見えてしまいますが、ベッド下は、収納場所としては大変有用なので、使わない手はありません。
衣類中心ならチェストベッド、ある程度大きさのある道具の収納が中心ならリフトアップベッドがおすすめです。
製品の中には、縦半分が引き出し、残り縦半分がそのままのサイズの物入れ、というものもあるようです。
必要条件と照らしてしっかり探すと、条件にぴったりのものが見つかると思います。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッドの種類について
-

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.