INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

ベッドに直接布団を敷いて寝ることのメリットは?

更新日:


ベッドには、必ずマットレスを敷かなければいけないと、何となく思っていませんか?

マットレスもいいですが、布団での寝心地はまた独特で、布団のほうがいいという方は多いと思います。

しかし、フロアリングの部屋しかなかったり、床に直接寝ることに何となく抵抗があるという方も結構いますし、ベッドで寝ること自体にもメリットがあります。

そこで、今回は、「ベッドに布団を敷いて寝る」ということについての考察です。

もちろん、販売されているベッドの中には、マットレスをはめ込む前提のベッドフレームもありますが、だいたいのベッドは天板がしっかりしていれば、布団を敷いて寝ることが可能です。

また、布団を敷いて寝ることができることをアピールポイントにしているベッド製品もあります。

ジラフィ

メリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

・寝る位置を高くできる

・カビの対策がしやすい

・布団の片付けが非常に楽になる

・マットレスのような嵩張るものを買わずに済む

・硬めの寝心地を得られる

寝る位置を高くできる

これはベッド自体のメリットですが、普通は床に直接敷く布団をベッドに敷くことで寝る位置が高くなるため、寒い時に下に溜まる冷たい空気や、床のホコリを避けることができます。

フロアリングのホコリは思っている以上の難物で、畳やカーペットであれば、それ自体がホコリをつかまえてくれるので簡単に舞い上がることもありません。
しかし、フロアリングはそういうことが一切ないので、簡単に舞い上がりますし、布団を直接敷こうものなら、簡単に布団に巻き付いて、布団がほこりだらけになってしまいます。

また、特に冬の寒い時期は、少し位置が上がるだけで体感温度がかなり変わるので、想像以上のメリットとなります。

カビの対策がしやすい

床に敷くときと比べて、下に空間があるため通気の確保がしやすいので、直接床に敷いているときよりもカビが生えにくくなります。

とはいえ、そこは布団ですので、マットレスのようにずっと敷きっぱなしというわけにはいきません。
定期的にちゃんと干してやる必要があることは言うまでもありません。

ベッドの中には、天板が可動式になっていて、布団干しにできるものもあります。

イーリス

布団の片付けが非常に楽になる

ベッドに布団を敷いているのであれば、基本的には布団を上げて片付けるということが必要なくなります。

もちろん、定期的に布団を干したりする必要はありますが、忙しい朝の出勤前などに、あわてて布団を上げたりする必要はなく、ただそのままにしておくことができるのは大きいです。

また、布団をしまう必要がないということは、布団をしまうための収納スペースが必要なくなるということでもあります。

最近のアパートやマンションでは、収納スペースが少なくなる傾向があるので、これは非常に大きなメリットとなります。

マットレスのような嵩張るものを買わずに済む

マットレスは、普通に使う分には、寝心地はもちろんいいのですが、単体で非常に大きくて重く、扱いに困ることも少なくありません。

模様替えの時に端によけておくだけでも一苦労ですし、要らなくなった時の処分も大変です。

また、初めて一人暮らしをする場合などは、今まで実家で使っていた布団を持って行くことが多いのではないでしょうか。

ベッドフレームに布団を直接敷けば、フロアリングしかない部屋であっても、そういった布団を有効に活用でき、高価で嵩張るマットレスを買う必要がなくなります。

硬めの寝心地を得られる

マットレスには、構造的に大きく分けて「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類があり、「ボンネルコイル」のほうが硬めとは言われていますが、それでも全体的にフワフワした感じがすることには変わりありません。

布団のような、硬めと言うよりは一種落ち着いた寝心地はやはりマットレスでは再現できないものです。
そういう寝心地を好む方にとっては、ベッドフレームに布団の組み合わせは検討の価値ありです。

さらに一歩進んで、畳の部屋に布団を敷く感触がいいという方には、「畳ベッド」という選択肢があります。
これであれば、畳の部屋が無くても、畳に布団を敷いて寝ることができます。

ユハナ

まとめ

フロアリングの床に布団を直接敷くと、寒さやホコリの面でのデメリットがありますが、ベッドに布団を敷くことで、それらをほぼ解消できます。

また、マットレスは、干したりする手間がかからない代わりに非常に大きくて重く、動かさなければならない場合の負担がとても大きいのですが、これが布団だと、大きさや重さのデメリットがありません。

その分、定期的に干したりする手間はありますが、マットレスでもあまり放っておくとカビが生えることはあるので、むしろ、定期的に干すのが必要なことが、カビ防止に役立つという考え方もできます。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.