INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

セミシングルは使えるサイズ?ベッドとしての使い勝手を考える

更新日:

セミシングルは、普通のシングル(90cm)よりもさらに幅が狭い、だいたい80cmくらいの幅のベッドです。

標準のベッドよりもまだ狭いので、普通の体格の人が寝るとかなり狭く感じます。

しかし、逆に、その狭さが生きるシチュエーションもまたあるのです。

今回は、セミシングルサイズのベッドの使い勝手について見ていきたいと思います。

セミシングルが向いている状況

小柄な人が使う場合

人が寝ているとき、多少の差こそあれ、どんな人でも必ず寝返りは打ちますし、手足を伸ばしたりすることもあります。

背の高い人、身体の大きい人などは、そういう場合に必要になる面積が大きいわけですが、逆に、身体の小さめの人、例えば小柄な女性だったらどうでしょう?

そういう人にとっては、大きいベッドに寝ても、ただ使わない面積が大きいだけで、もっと小さいベッドに寝ても、寝心地としては何も変わらないかも知れません。

また、小柄であるということは身長もそれほど高くないことが多いので、ショート寸のベッドが選択の視野に入ってきます。

必要のないベッドの長さは、幅以上に無駄となります。

幅であれば、小柄であっても大きく寝返りを打つ人ならいくらあってもいいですが、普通に寝るうえで、上下に移動するということはほとんどありません。

上下に圧迫感なく寝るには、身長プラス15cmは必要と言われていますので、普通の長さ(寝台面195cm前後)は、だいたい180cmまでの人を想定していることが分かります。

ショートサイズは寝台面が180cmくらいになりますので、身長が165cmくらいかそれ以下の場合は、十分検討の価値ありです。

セミシングルでショートサイズ、というベッドが多いのは、まさにそういう方のために用意された製品と言えます。

部屋を少しでも広く使いたい場合

身体のサイズが許せばセミシングルでショートサイズのベッドが選択できるその分だけベッドが小さくなれば、ベッドの部屋に対する占有面積が小さくなり、部屋を広く使うことができます。

ベッドは部屋の中で最も大きい家具のひとつです。

そのベッドの幅が10cm狭いだけでも、部屋の広さは結構変わるものです。

また、単純に対面積比のことだけでなく、例えば、一番使い勝手のいい部屋の端に置いたら、ベッドのヘリがドアにかかってしまい、開閉ができなかった、というようなことはよく聞きます。

このような場合に、ベッドが15cm短いショートサイズだったら、ムダなくぴったり収まる可能性は結構高いと言えるでしょう。

ショートサイズのベッドは、ごく一部の例外を除いて、セミシングル以外ではほとんど用意されていないと思います。

セミシングル+ショートサイズのベッドは、相乗効果的に部屋を広くする可能性を持っているのです。

2台並べてクイーンサイズとして使いたい場合

シングルサイズを2つ並べるとダブルサイズ・・・さすがにそんなことはないですね。

シングル(90cm)2つでキングサイズ(約180cm)、セミシングル(80cm)2つで、クイーンサイズ(約160cm)となります。

クイーンサイズは、夫婦などのように、大人2人で寝るのに最適なサイズと言えるので、これを2つ並べてクイーンサイズとして使うことができます。

夫婦で寝るにしても、一方が帰りが遅いような場合、もう一方が寝ているところに入ると、1台のクイーンベッドに1枚物のマットレスの場合、マットレスが揺れて、かなりの確率で相手を起こしてしまいます。

しかし、このようにセミシングルを2台並べてクイーンベッドとして使った場合は、それぞれが実際には別のベッドなので、そういう振動が相手方に伝わらず、起こしてしまう可能性が大きく下がります。

最近は、クイーンサイズのベッドに、セミシングルのマットレス2枚が選べるベッドも多いので、クイーンにしたいという理由でセミシングルを2台用意する必要はあまりないのかも知れません。

使い勝手のいいセミシングルベッド・おすめ3選

アリーヤ

すっきりしたオシャレなお部屋を目指す場合に必ず候補に挙がるのがフロアベッドですが、小さいサイズのものはなかなかありません。

この「アリーヤ」は、そんな、非常に数少ないセミシングル+ショートサイズが選択できるフロアベッドです。

もともと省スペースなセミシングルがさらに低くなっているため、あまり広くない部屋でも邪魔にならず、とても取り回しのいい優秀なベッドであると言えます。

・収納をあまり必要としていない

・部屋が結構狭い

そんな方向けのベッドです。

コリエ

エレガントな雰囲気が漂う、大人の女性向けのコンパクトなベッドです。

とても落ち着いたイメージのベッドですが、衣類が仕舞える引き出しを2つ備えており、ちょっとしたタンス代わりに使用できます。

ショート+セミシングルのコンパクトさとエレガントさを両立した、個性の強いベッドです。

・内装や部屋のオシャレにこだわりがある

・ベッド収納はそこそこほしい

そんな方向けのベッドです。

オデット

ショート+セミシングルのコンパクトなベッドですが、天板がそのまま開き、中はすべて収納スペース、というベッドです。

深さも37cmと44cmから選ぶことが可能です。

ベッド下がまるごと大きなトランクルームですので、普段使わないカバンや靴、キャンプ用品のようなものまで、自在に収納できてしまいます。

・部屋にモノが多く、なかなか片付かない

・部屋を広く使いつつ、収納スペースを確保したい

そんな方向けのベッドです。

まとめ

セミシングル+ショートサイズは、身体のサイズが許せば、ムダなく部屋を広く使うことができる、有効な選択肢であることは間違いありません。

しかし、部屋を広く使いたい、部屋が狭いから身体には小さく感じるけどセミシングルにする、ということであれば、それはあまりおすすめできません。

睡眠は、生活の、健康の基本となるものですので、部屋の状況よりも、寝心地を優先してベッドを選んでいただきたいと思います。

そこに問題が無いという前提であれば、セミシングルは、非常に使えるベッドであると言えるでしょう。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-, ,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.