INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

家族4人で寝るのに必要なベッドのサイズを確保するには?

更新日:

小さなお子さんがいる家庭では、やっぱり子供と一緒に家族で寝たいものですよね。
しかし、最近は和室のない間取りの住宅が増えてきており、並べて布団を敷けないということが増えてきています。

そういう場合はやはりベッドが必要になりますが、大人2人に子供が2人、という場合を想像すると、かなり難しい状況と言えます。

家族4人で寝られる連結ベッド

家族4人で寝るために必要なのは、当然「幅」。しかし、大人2人と子供2人が一緒に寝られるベッドとなると、単体ではそうそうありません。

キングサイズでも幅は約180センチほどですので、実際問題として4人で寝るのはかなり窮屈になってしまい、ほぼ不可能です。

そういう場合に効果を発揮するのが、「連結ベッド」。ジョイントベッドと呼ばれることもありますが、これは、簡単に言うと、そこそこの広さのベッドを金具等で連結することで、キングサイズ以上の幅のベッドになる、というものです。

例えば、幅140センチのダブルサイズを二つ連結すると、それだけでもう幅280のワイドキングとして使うことができます。

一つ一つは標準的なサイズのベッドですので、マットレスやカバーなどの種類も豊富ですし、価格がそれほど跳ね上がらないのも魅力です。

それに、部屋の広ささえ許せば、2つ、もしくは3つのベッドを連結できるので、一つ一つのベッドのサイズを計算すれば、かなり正確に希望の幅にすることができます。

→連結ベッドの製品一覧

連結ベッドのメリット・デメリット

メリット

家族みんなで一緒に寝ることができる

連結ベッドの最大のメリットはこれに尽きます。子供2人でも、両親が両側で見守りながら寝ることができます。
小さな子供は、親がいないところで寝ることには不安を感じるものです。こういうベッドで家族と寝ることで得られる安心感は大きなものとなるでしょう。

寝台面が低い製品が多く、子供がベッドから落ちても安全

連結ベッドは、そのほとんどが、フロアベッドと呼ばれる極めて低いベッドをベースにしていますので、そういう製品を選べば、万が一ベッドから落ちても、ケガをすることにはほとんどなりません。

また、ベッドが低いということは、小さな子供でも独力でベッドに上がることができるということでもあるので、「自分でさせる」教育の一環としても有効なのではないでしょうか。

分離すれば普通のベッドとして使える

小さな子供もいずれは成長して大きくなります。子供がある程度大きくなると、自分の部屋で寝るようになったりするものです。
そのような場合に、単体で大きいベッドだと持て余してしまうところですが、連結ベッドであれば、分解することで分けて使うことができますので、そのうちのひとつを子供部屋に、ということも可能です。

デメリット

面積が非常に大きくなる

ただでさえ面積が大きい家具であるベッドを複数つなげて使いますので、相応の面積が必要となります。導入する際には、部屋とベッドの寸法を把握する必要があります。

連結ベッドの製品紹介

アントレ
セミシングルから、ワイドキング280までをラインナップに持つ、選択の幅が非常に大きい製品です。
小さな子供にも適したフロアベッドがベースとなっており、価格も低めで、とてもよく売れている製品です。

 

ジョイントロング
幅だけでなく、寝台面も通常より長い、ワイドでロングなベッドです。

 

トラクト
大容量の収納ベッドを連結して使えるという、ちょっと変わった製品です。
子供がベッドから落ちる心配がない家庭であれば、これでかなりの荷物が片付きます。

 

アリシア
普通のベッド×2、連結ベッド、二段ベッドと3つの形態を取れるベッドです。子供の成長に応じて使い方を変えることができます。

 

まとめ

連結ベッドは、小さな子供のいる家庭では、安全面ひとつ取っても、かなり有効な選択肢となります。家族の寝方や構成の変化にも柔軟に対応でき、ベッドが無駄になりません。

また、その広い寝台面には、布団を並べて寝るのとは全く違う、一種の連続感と呼べるものがあり、これは連結ベッドならではの感覚と言えます。

部屋の広さなどの状況が許せば、家族3人、もしくは家族4人で心地よく寝るのには最適な選択と言えるのではないでしょうか。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-, , ,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.