INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッドの種類について

お部屋の雰囲気を高めるのに効果的!オシャレで高品質なレザーベッドおすすめ4選

更新日:

ベッドの中に、「レザーベッド」というカテゴリがあります。

値段もそれなりにしますし、多少のお手入れの手間も必要となりますが、その分、お部屋の雰囲気をグレードアップできるベッドです。

→レザーベッドはどう選ぶ?そのメリットとデメリット

そんなレザーベッドから、特に個性的な商品を4つ選んでご紹介したいと思います。

オシャレで高品質!おすすめレザーベッド

これぞモダンデザインの極致!フォルマーレ/フォルトゥナ

→フォルマーレ

→フォルトゥナ

一目でそれとわかる強烈な個性を放つ、流線型を生かしたハイセンスなデザインのレザーベッド。

見た瞬間欲しくなるその造形は見事という他なく、また、購入した人の感想でも評価が高いベッドです。

デザインはほぼ同一ですが、セミダブルとダブルが選べる小さめの「フォルマーレ」と、ダブルとクイーンが選べる大きめの「フォルトゥナ」があります。

大きい「フォルトゥナ」の全長は端から端までで250cmありますが、「フォルマーレ」のほうは235cmと、幅だけでなく全長もフォルマーレのほうがややコンパクトとなっておりますので、お部屋の寸法に合わせて選ぶといいでしょう。

また、「フォルトゥナ」のクイーンでは、マットレスをクイーンサイズ1枚にするか、セミシングルを2枚にするか選べるという親切仕様となっています。

これは、2人で使うときに、隣で寝ている人への影響の度合いが大きく変わるポイントですので、よく考えて選びたいものです。

→シングルベッドを2台使って夫婦で使うのはあり?そのメリットとデメリット

アンティークな高級感のあるベッドをお探しならこちら!シュトローム/ゲラーデ

→シュトローム

→ゲラーデ

キルティングが施されたレザーのヘッドボードが特徴的な、アンティークな高級感を持つベッドが、このシュトローム/ゲラーデです。

様式美ともいえるキルティングのデザインが、古風でありながら新しい、独特の存在感を放ちます。

カラーバリエーションという形ではなく、ホワイトレザーが「シュトローム」、ブラックレザーが「ゲラーデ」という個別の名前を与えられて、別製品扱いとなっています。

シュトローム/ゲラーデともに、ダブルとクイーンの選択肢を用意しています。

ヴィンテージ風のローでワイドでオシャレなレザーベッド!オールドレザー

→オールドレザー

先のシュトローム/ゲラーデとはまた方向性が異なる、ヴィンテージテイストのレザーベッドです。

レザーの質感も十分で、非常に満足度の高い、人気のベッドです。

ヘッドボードの部分は、ソファーの背もたれのようになっており、小物を置いたりはできませんが、ベッドに腰掛けた際に背もたれとなり、ソファーのように使うことができるようになっています。

ダブル、クイーン、キングの3サイズが選択可能です。

家族みんなで寝られる超ワイドなレザーベッド!バストル

→バストル

夫婦と子供2人くらいの家族が全員で寝ることのできる「ワイドキング」サイズの中にあって、お子さんの安全を意識して作られた、使い勝手のいいレザーベッドがこの「バストル」です。

クイーンからワイドキング280まで幅広い選択肢が用意されていることと、何よりも、寝台面が他製品と比べてとても低いため、小さなお子さんが誤って転がり落ちたりしても、落下による怪我を心配する必要がありません。

レザーベッドなのでフレーム部分も柔らかく、そういう点でも安心です。

レザーベッドの特性を、高級感よりも安心感に振った製品であると言えます。

小さなお子さんがいる家庭におすすめしたいベッドです。

まとめ

いかがでしょうか。レザーベッドはそれほど製品数が多いカテゴリではありませんが、個性的なベッドがいくつも発売されています。

レザーベッドは、普通の木製フレームのベッドよりも多少のメンテナンスの手間がかかりますが、それを差し引いて余りある満足感を得られるベッドです。

多少なりとも興味があるという方は、ぜひチェックしてみていただきたいと思います。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッドの種類について
-,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.