INTERIOR SEEPS

満足できるベッド選びのお手伝いブログ

ベッド選びのあれこれ

家族4人で寝るためのベッドはどうやって選ぶ?そのポイント

更新日:

家族4人で寝るのに、どういうサイズのベッドにしたらいいのか迷ってはいないでしょうか?

親が両側から挟むようにして内側に小さなお子さん2人を寝かせることになると思いますが、狭すぎて寝苦しいのは嫌ですし、逆に広すぎても部屋の面積を圧迫するだけで意味はあまりありません。

家族4人で寝る時に最適なベッドの幅ってどれくらいなのでしょうか?

今回はそのあたりを見ていきたいと思います。

家族4人で寝るのに適したベッドサイズは?

まず、家族4人で寝るという時点で、選択肢はほぼ連結ベッドのみとなります。

連結ベッドというのは、複数台の同じベッドを並べて固定した状態で使用できるベッドで、最初からつなげて使うために設計されていますので、ただベッドを並べて使うよりも安定性、安全性が高くなります。

市販されている連結ベッドの主なサイズは、WK(ワイドキング)が主で、このサイズについては、cmで表現されます。

WK200
WK220
WK240
WK260
WK280

くらいが一般的ですが、製品によっては300、というのをラインナップに持つ製品もあります。

これらの中で、大人2人と、4歳前後の子供2人の家族4人で寝るのに適したサイズというのがどれくらいなのか、考えてみたいと思います。

そもそも、夫婦だけで寝る場合、ダブル(140cm)では狭すぎるので、最適サイズとしてはクイーン(160cm)となります。

通常、一人で寝る場合の標準サイズとなるシングルが90cmなので、単純に倍した幅より少ないのですが、ひとつのベッドに一緒に寝るほどの親密さなので、互いの領域の重複幅を考えると、体格が大きいなどの条件がなければこれが最適です。

ここに、子供が2人加わる場合、身体のサイズなどから、100cm前後プラスするといいでしょう。

200~220cm

これは、お子さんが1人の場合の適正サイズとなります。

お子さんが2人いると、動く幅などから考えてもちょっと狭く感じるでしょう。

240~260cm

両親が細身な方であれば、このあたりが適正な幅となります。

お子さんの寝相が良くない場合でも、260cmあれば大丈夫でしょう。

広すぎず、狭すぎず、快適に眠れる広さはこのあたりです。

280~300cm

普通の体格の両親と、平均的な寝相のいい4歳児2人には、ちょっと広すぎるかも知れません。

両親が真ん中に寄ることで調整はできるので不都合はありませんが、部屋の広さに対してベッドのサイズが大きくなり、部屋を圧迫してしまいます。

両親のどちらかが大柄な体格であるという場合は、これくらいのサイズが適正となる場合もあります。

子供が大きくなった時のことも考える

今は小さなお子さんも、いつまでもそのままではありません。

いずれは大きくなり、一緒に寝なくなる日も来ることでしょう。

そうなった場合に、幅が2m以上もあるベッドは全く必要がなくなってしまいますが、連結ベッドは、その名の通りベッドをつないで使うわけですから、当然分離させることも可能です。

そのため、購入時の、サイズの組み合わせ方も重要となります。

WK220であれば、シングル(100cm)+セミダブル(120cm)となるでしょうし、240の場合は、シングル(100cm)+ダブル(140cm)でもいいですし、セミダブル(120cm)×2にすることも可能です。

実際には、製品ごとに組み合わせのラインナップが決められているので、そこまで自由に組み合わせを決められるわけでもありませんが、将来、一部分を分離してお子さんの部屋に置く、などの選択肢まで考慮に入れると、
おすすめは、シングル(100cm)+クイーン(160cm)となります。

これなら、将来的にはシングルを分離してお子さんの部屋に置き、残ったクイーンは夫婦で使えます。夫婦にダブルはちょっと狭いので、クイーンにしたいところです。

→2人で寝るのに適したベッドのサイズはどう決める?

クイーンの部分については、セミシングル(80cm)×2、ということも可能です。

これだと、クイーンにして夫婦で使用するようになった場合に、お互いが動いたときの振動が伝わりにくいので、睡眠がより深くなる、という研究結果もあるようです。

ただし、すべて連結して使う場合には、シングル(100cm)+セミシングル(80cm)×2、の3枚構成となり、真ん中付近で寝るお子さんあたりがマットレスの継ぎ目を気にするかもしれません。

部屋の広さとの兼ね合いも考える

寝るのには快適な連結ベッドですが、やはり2mを超えるサイズは、どうしてもお部屋を圧迫します。

寝室となるであろうお部屋のサイズとして主なものとしては、以下が挙げられます。

4.5畳
約273(cm)×273(cm)

6畳
約273(cm)×364(cm)

7.5畳
約273(cm)×455(cm)

8畳
約364(cm)×364(cm)

最近のマンションの間取りでは、5.5畳といった変則的な広さの部屋もありますが、ここでは割愛します。

ほとんどないケースとは思いますが、試しに、4.5畳の部屋にWK260のベッドを置いてみると、こうなります。

他の物を置くどころか、歩く場所すらありません。

6畳なら、室内収納の扉や窓の位置などにもよりますが、何とか置けそうです。

ただし、かなり手狭に感じると思います。


横長の7.5畳や余裕のある8畳などでは面積に余裕もあり、特に問題は無さそうです。

試しに、6畳に幅300のベッドを置くとこんな感じです。

無理、というほどではありませんが、かなり部屋が狭く感じられます。

とはいえ、寝室にできる部屋の広さを自由にどうこうできるわけではないと思いますので、部屋の広さを考え合わせて、慎重に選びたいものです。

まとめ

結論としては、標準的な体形の家族4人(大人2人+4歳前後の子供2人)の最適サイズは、240~26あたり、どちらかと言えば260くらいが理想ではないかと思います。
それくらいのサイズであれば、ワイドキングがある連結ベッドであれば、必ずラインナップにあるので、選択の幅は広いと思います。

部屋の広さに余裕があまりない場合は、フロアベッドタイプの、寝台面が低い連結ベッドがおすすめです。

面積的に余裕が無くても、寝台面が低いと、部屋への圧迫感が格段に減りますし、小さなお子さんが誤って転がり落ちるようなことがあっても、怪我をするリスクが大幅に下がります。

ベッドの通販ショップはこちら

いろいろなベッドを、お値打ちに取り揃えております。ぜひ、お立ち寄りください!

-ベッド選びのあれこれ
-, , ,

Copyright© INTERIOR SEEPS , 2021 All Rights Reserved.